後期高齢者健康診査を受けられる皆様へ 今年度から後期高齢者健康診査の制度が変わります!

2021.06.23

後期高齢者健康診査を受けられる皆様へ
今年度から後期高齢者健康診査の制度が変わります!
(2021.6.23 津市保険医療助成課の電話番号を修正しました)


広報津6月16日号と同時配布の「令和3年度津市がん検診と健康診査のご案内」でも紹介されておりますように、今年も7月から「後期高齢者健康診査」と、「がん検診」が始まります。当院で受診できますので、ぜひお申込みください。また、今年度から後期高齢者健康診査の制度が変わり、それに伴う注意事項がございます。ご確認いただきますよう、お願い申し上げます。

<制度の変更内容>
1)後期高齢者健康診査の自己負担額が無料になりました。
2)後期高齢者健康診査の受診券が、がん検診における非課税世帯の証明書類として利用できなくなりました。
※詳しくは、添付のお知らせチラシをご覧ください。

後期高齢者医療保険に加入されている非課税世帯の方で、津市のがん検診を受ける方は、
下記の①②いずれかの書類をご準備いただき、ご提出ください。
《ご準備いただく書類(①または②)》
①市・県民税課税証明書
 ※世帯全員分、年税額0円と記載のもの
 ⇒市役所担当窓口:市民課 ☎229-3144
②後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証
 ※受診当日に有効期限内のもの
 ⇒市役所担当窓口:保険医療助成課 ☎229-3285
※生活保護を受給されている方は、被保護証明書が必要です。

<証明書類が必要な理由>
*がん検診は、非課税世帯の証明書類があれば自己負担額が無料になりますが、
 昨年度まで、後期高齢者健診の受診券が証明書類として利用されるのが一般的でした。
(後期高齢者健診の受診券は自己負担額200円という記載で非課税世帯と分かるため。)
*しかし、今年度から、後期高齢者健診の自己負担額が、課税区分を問わず全員無料になり、
 後期高齢者健診の受診券の記載では課税世帯か非課税世帯かの区別がつかないため、
 がん検診における非課税世帯の証明書類として利用することができなくなりました。
*ご本人の申告では自己負担額は免除されません。証明書類のご提出をお願いいたします。

津生協病院附属診療所 健診センター  ☎253-5418(月~金曜・11時~15時)