津⽣協病院
リハビリテーション課

⽉に100症例前後の処⽅箋が出され、地域の中核病院として様々な疾患に対応しています。
条件が許せば発症翌⽇から処⽅を出し、療養病棟もあるため急性期から維持期まで幅広く対応します。また、内科・整形外科・外科医師と定期的にカンファレンスを⾏ない褥瘡やNSTなどの多職種連携のチーム医療を実践しています。

  • ・理学療法⼠(PT)…主に「⽴つ」「歩く」等の基本動作を担当
  • ・作業療法⼠(OT) …「服を着る」「調理をする」等の応⽤動作を担当
  • ・⾔語聴覚⼠(ST) …「コミュニケーション」や「摂⾷」「嚥下(飲み込み)」等の動作を担当
津⽣協病院リハビリテーション課

津⽣協病院 リハビリテーション課の
理学療法・作業療法・言語聴覚療法

脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅰ)

対象疾患:脳梗塞(多発性、ラクナ梗塞等も含む)・脳出⾎・廃⽤症候群(内科、外科疾患合併)・パーキンソン病・低酸素脳症等

運動器リハビリテーション(Ⅰ)

対象疾患:腰椎圧迫⾻折(保存治療が多い)・⼤腿⾻頚部⾻折(術後骨接合術、人工骨頭置換術)等

呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)

対象疾患:肺炎・無気肺・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・気管⽀拡張症・間質性肺炎・⼈工呼吸管理症例・塵肺・肺結核後遺症

訪問リハビリテーション

利用者の幅広い生活の障害に応じて多くの職種がワンチームで対応します。訪問リハビリテーションを通じて、介護予防の自主トレーニングの指導、退院後の生活動線チェック、屋外歩行の評価・トレーニングを行います。また、家事動作の評価・助言、自宅の環境整備、介護者や家族への介護指導など行います。

津⽣協病院附属診療所
リハビリテーション部門

薬津⽣協病院附属診療所のリハビリテーション課

津⽣協病院 附属診療所の
理学療法・作業療法・言語聴覚療法

通所リハビリテーション

附属診療所2階・3階
対象者:各階定員24名
    要介護・要支援の方

特徴
  • ※ 多職種(理学療法士・介護福祉士・看護師など)による在宅生活を支えるためのリハビリマネージメント
  • ※ 一人ひとりに合わせたリハビリプログラム

津生協病院整形外科、附属診療所内科医師との定期的なカンファレンスや他事業所専門職とのリハビリテーション会議、サービス担当者会議を通して連携を密にとり、利用者様の在宅生活を支えます。
セラピストが心身機能を評価し、一人ひとりに合わせた個別プログラムを実施しています。
プログラム例:筋力トレーニング、有酸素運動、ストレッチ、間接可動域訓練、バランス練習、嚥下体操、セラバンド体操、転倒予防体操、歩行練習、応用歩行、体力測定、日常生活動作訓練、脳活性訓練、作品作り、レクリエーションなど

利用時間

利用者様のニーズに合わせて、利用時間を1時間・2時間・3時間・4時間・6時間から選択できます。(入浴はありません)
1時間  9:00~10:30 10:00~11:30
2時間  9:30~11:30
3時間 12:45~15:45
4時間  9:30~14:00 昼食有
6時間  9:30~15:45 昼食有

利用者様の声より
  • 「左手の麻痺がよくなって、エビフライが作れた。両手で梨を持って皮むきができた」
  • 「痛みがなくなり注射しなくてよくなった」
  • 「体力がついて買い物にも自転車でいけるようになった」
  • 「身体を動かすようになって血液検査の値がよくなった」

呼吸器リハビリテーション(Ⅰ)

附属診療所3階

対象疾患

慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支拡張症、間質性肺炎、塵肺、結核後遺症等

特徴

外来で患者様に対して理学療法を行う事で、病気の増悪予防、呼吸困難感の軽減、合併症等、生活の質を向上する為に、個別で対応しています。

午前
月曜~金曜  9:00~13:00

午後
金曜 14:00~15:00

理学療法・作業療法・言語聴覚療法の活動紹介

津生協病院群技士診療部

卒後臨床研修プログラム