入院患者様への面会制限緩和について

入院患者様への面会制限緩和について(2022年6月16日)

新型コロナ感染対策のための面会の全面禁止に長らくご協力いただきありがとうございました。
流行状況を鑑み、以下のように面会制限を緩和いたします。


面会可能時間帯:月~土曜日の午後2時~4時(日曜・祝祭日は面会できません)
人数:2名まで
時間:1日1回できる限り短時間(30分以内)でお願いします。
場所:病院スタッフ指定の場所

・病院1階受付にて面会手続きをお願いします。
・必ず不織布マスクを着用いただき、入棟の際は手指の消毒をお願いします。
 (布製マスク・ウレタン製マスクを着用の場合は不織布マスクをご購入いただきます。)
・面会中の飲食は禁止とさせていただきます。
・下記に該当する方は面会できません。
①新型コロナウイルスに感染した後、国の定める退院基準・宿泊療養及び自宅療養等の解除基準を満たしていない方、及びその後の健康観察期間が終了していない方。
②風邪症状(発熱、咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、頭痛)や関節・筋肉痛、下痢、嘔気、嘔吐、味覚障害、嗅覚障害のある方。
・入院患者様の病状等により上記の扱いができない場合があります。

面会制限を引き続き実施する理由
病院には免疫力や体力の低下した高齢の患者さん入院しています。多くの方が何らかの基礎疾患を持っており、感染すると重症化する危険があります。
また、医療従事者に感染者が出ると、患者さんに感染が拡がるだけでなく、濃厚接触者に相当する医療従事者も自宅待機を余儀なくされ、たちまち人手不足に陥ります。
当院では新型コロナ感染の国内での流行以降、面会制限や感染予防策の徹底を行い、院内での新型コロナ感染集団発生を防ぐことができています。
これは私たち医療従事者の感染防止への取り組みに加え、病院を利用する患者様、ご家族様、協力事業者様など皆様のご協力の上での結果と考えております。
引き続き、感染防止対策にご協力お願い致します。